私とセックスしませんか?~後輩マネージャーと雨の日の午後…~

私とセックスしませんか?~後輩マネージャーと雨の日の午後…~

作者:

出版社:サード・ライン

あらすじ★★

もし、あの日の天気が雨じゃなかったら…――部活が休みになった放課後、教室で彼女にセックスを拒まれた姿を後輩の萩野紗江に見られたものの、その萩野から出た言葉は「先輩、私とセックスしませんか?」だった。最初は冗談だと思ったのに、どうやら彼女は本気らしい。「やるんですか?やらないんですか?」と挑発する彼女の提案に乗った俺は、教室の片隅で彼女のアソコに手を伸ばす。下着越しでもわかるほど濡れたアソコを優しく擦ると、彼女は甘い吐息を漏らす。その吐息は徐々に喘ぎ声となって、教室に響いていく。「なぁ紗江、何で俺と…」そう尋ねた俺に対し紗江は…!?

海賊版に関する取り組みについて